通なら誰もがうなる絶品そば

沖縄そばの様々な種類

雑誌やテレビ番組等で沖縄が紹介された時に、沖縄のそばをソーキそばとして解説しているのをたまに聞いたり見たりするでしょう。しかし、ソーキそばはあくまで沖縄そばの中の1種類で、沖縄県民に自分達の食文化として愛されているのは沖縄そばです。沖縄そばの多くの特徴は蒲鉾と3枚肉がそばの上にのっています。ソーキそばは3枚肉の代わりに豚のあばら骨の部分が使われています。他にも、てびちそばはそばの上にてびちがのっており、野菜そばは野菜が、ゆし豆腐そばはゆし豆腐がのっています。驚く程味や具材のバリエーションが豊富なのが沖縄そばの特徴です。沖縄には300を超える沖縄そばの専門店があると言われています。それぞれ工夫と拘りが専門店毎で違います。

専門店拘りの味と具材

沖縄県内ではお馴染みのメニューとして学校給食でも沖縄そばが出されています。沖縄県民は沖縄そばが大好きなので、一般的なお酒を飲んだ後の締めはラーメンですが、沖縄での締めは沖縄そばという人が沢山います。沖縄そばのスープのイメージは豚骨だしが強いですが、昔から好まれている物としてたっぷりと鰹節を使ったスープもあります。又、最近では豚骨だしと鰹だしを合わせたものや昆布と野菜で味を調えたスープも人気です。スープの味は幅広く、あっさりからこってりまで様々です。そして、店毎の拘りも強く、化学調味料を一切使用しないで仕上げたり、材料は全て沖縄県産に拘っている、豚骨だしをじっくりと8時間以上かけて取っているなど独自性の種類も様々です。

与論島の旅行でおすすめしたいのは、鹿児島新港から出発するフェリーを利用することです。ゆったり、景色と船旅を楽しむことができます。